古来から日本で生息していた犬を「日本犬」と言います。

日本犬と呼ばれる犬種は全部で6種。 大型に秋田犬、中型に甲斐犬、紀州犬、四国犬、北海道犬、小型に柴犬と大きさによって3種類に分類されます。

日本犬6種に共通して、耳が立っている、口先がとんがっている、尻尾が巻き上がっている、毛は粗剛という>特徴を持っています。
また、強豪な性質で闘争心も強いため、闘犬や猟犬として活躍してきた歴史があります。
日本犬で唯一小型に分類される柴犬は、オスは体高40センチ前後、メスは35センチ前後で、洋犬の中では中型にビーグル犬と同じぐらいの大きさです。
山間で小動物を捕まえる狩猟犬として人間と深い関わりを持っていました。
また、主人に忠実で、勇敢、警戒心も強いため、現在では家庭の番犬として愛されています。

日本犬の中で飼育数が最多で、日本で飼われている日本犬の8割がこの柴犬だと言われています。

鍼灸 大阪

便利屋 大阪

風呂釜洗浄

古市 歯科

入退室管理システム

最新投稿

  • 柴犬は天然記念物!?

    天然記念物とは簡単に言うと「法律によって保護されている動物・植物、地質・鉱物、区域の …

    続きを読む...

  • キツネ顔?タヌキ顔?柴犬の種類について

    柴犬は顔と体つきによってキツネ顔とタヌキ顔に分類されます。 顔が長細く …

    続きを読む...

  • 柴犬はどんな選び方をしたらいいのでしょうか?

    子犬を親犬から引き離すのに適した時期は生後2か月以降とされているので、 基本的に飼えるのは …

    続きを読む...

  • 柴犬を飼うにあたって予防接種は何種類ある?

    柴犬に限らず、生後90日~120日以内に受けないといけないのが狂犬病予防注射です。 この注射を受けると …

    続きを読む...